老後資金 養老保険

老後資金の形成に役立てる目的にもかなう養老保険

養老保険とは、生命保険の内、主に人間が生存している時に保険金を受け取れる商品で、貯蓄性の高い保険商品の一つです。保険料を退職金などを利用して一時払いにする人もいます。この保険は、満期までに何もなければ、満期到来時に満額の保険金を受け取ることが出来ます。その意味では預金に近いのですが、預金と異なるのは、加入したその時から、万一の場合の保障も付くという点です。この点に着目して、預金は三角形、養老保険は長方形などと形容されることもあります。養老保険は、比較的古くから老後資金の形成などに用いられてきた保険商品の一つです。特に、金利が高かった時代には、この商品は老後資金の形成に大変適していました。現在では、低金利の影響を受け、利率は下がっていますが、万一の場合には保険金が下りるという点を考慮すると、老後資金には適した保険商品と言えます。満期までの期間が長い場合には、保険会社の倒産リスクに注意して選択すると良いでしょう。

老後資金の重要性メニュー