老後資金 年金

老後資金について考えるときに調べておきたい年金

年金だけでは老後資金が賄えないという声はよく聞くようになりましたが、それでも老後資金の一部として重要な役割を担っていることは確かです。現在の基準に従うと将来年金がいくら位もらえるかという試算は、インターネットなどでも簡単に行うことが出来ます。これを毎年誕生日など日を決めて行って、老後資金を貯める方針などを修正する必要がないかどうか確認すると良いでしょう。また、年金は最低何年間納めていないともらえない、といった決まりがあります。現在これを短縮する方向で議論が進んでいますが、納められない場合はせめて、免除の申請を忘れずに行うことが重要です。雇用情勢が悪い時などには、失業の特例で免除が認められたりもします。免除と未納の差は、免除は最低納付年数に含まれるという点です。もちろん、未納期間が長かったり、未納割合が高かったりすれば受け取れる額は減りますが、ゼロにはなりません。その点が、未納と大きく異なります。

老後資金の重要性メニュー