老後資金 ポートフォリオ

老後資金のポートフォリオを組むときの注意点

老後資金のポートフォリオでは、従来、銀行預金などのリスクがないか低い資産のみとされてきました。最近では、低金利の継続や退職金制度や年金制度に対する不安もあり、一部をリスク性資産にするポートフォリオを勧める専門家も多くなっています。その場合でも、老後資金のポートフォリオに組み込むリスク性資産は、あくまでもローリスクのものに留めておくのが一般的にはお勧めです。年金が年間いくら位になるのかを調べた上で、年間の生活費との差に老後の年数を掛けて算出した額にいざという時の予備資金を足したものを老後資金とすると、少なくとも予備資金と、今後1年程度の生活費の分はすぐに換金できる商品にしておくのが賢明です。その他のリスク性資産は、換金時期や満期が到来する時期に注意して選ぶと良いでしょう。外貨で運用している商品などは、老後資金としてはリスクが高くなりますので、タイミングを見て早めに円に戻しておくと、為替リスクで目減りしたまま換金する事態を避けることが出来ます。

老後資金の重要性メニュー