老後資金 運用

老後資金を運用するにあたって注意したいこと

老後資金は、多くの家庭で、子供が学校を卒業した頃から貯め始めていて、昨今では単に銀行に預けるだけでなく、一部を運用に回す人も増えています。また、現役時代から老後資金を運用している人もいる一方、退職金を老後資金に充てる人もいます。後者の層については、銀行や証券会社も積極的に運用に適した商品を勧めています。最近では、銀行でも貯蓄性の高い保険商品を取り扱えるようになっていることから、窓口などでこうした商品を勧めることも増えています。また、投資信託や不動産投資なども、退職金を得た世代に積極的な営業が行われています。老後資金については、いざという時にすぐに現金として使えることと、生きている間は何らかの収益を生み出していることが重要なので、現役時代から既に不動産を持っていて賃貸に出している場合などには、それはそのままでも良いでしょう。問題は、株や投資信託、外貨預金などをいつ預金などに変えるか、という点です。これらの相場は、いつ大きく下落するか分かりません。若い世代であれば、時と共に回復するのを待つことも出来ますが、老後資金としてはリスクが大きいため、出来れば引退する前にキャピタルゲインが出る市場価格になっている時にローリスク商品に替えておくと良いでしょう。

老後資金の重要性メニュー